こちらのAmazon リンクお買いものをしていただくだけでちょびっとだけお金が入り、噎び泣きながら胸に感謝を誓い、生気が湧いて出てきますのでよろしくお願いします。

Arma 3 で現実味のあるプレイを可能にする TMR MOD

複雑な操作方法を要求される事なく Arma 3 に現実的な機能を追加する TMR Modular Realism - TMR MOD の紹介です。射撃精度を上げる依託射撃の実装が行われ、マルチプレイでも動作します。

ユーザーがお好みで機能の使用を切り替えられるように、モジュラー形式で配布されており、またオープンソースで開発に加わる事も可能です。

特徴

新しい 2D の照準器
アニメーション化された 2D の照準により、現実的な視覚が得られます。また軍用ミルと弾道補正機構を追加し、正確な射撃が行えます。
弾道の改良
弾丸の初速と弾道が現実と同じに設定され、より正確な弾道が得られます。
軽対戦車火器 (PCML と RPG-42)
PCML と RPG-42 は実銃の NALW と RPG-32 に基いているので、同様の性能をゲーム内で実装します。
  • PCML へ射線の予測による弾頭誘導システム
  • PCML の攻撃方法を EFP シミュレーションを伴ったトップ アタック方式へ変更
  • PCML へ破片と爆風で殺傷する Multi-Purpose Bariant (MPV) 弾頭を追加
  • 両方の対戦車火器へ正確な弾道を与える
  • RPG-42 へ新しい弾頭(煙幕とサーモバリック)を追加
  • 対戦車火器の再装填時間を増加
使い捨て武器の再現
PCML AT と MPV は予め発射筒に装填されており、発射後は再利用が不可能なため使い捨てする必要を再現。
飛散する破片を再現
フラグ武器や手榴弾による飛散する破片をスクリプトにより再現。現在は PCML MPV のみ適用されている。
新たな反動と手振れ
全ての武器で射撃した際の反動や手振れを全く新しい物にする
現実的なサプレッサー
現実世界では与える損傷と初速は減少する事はありません。
武器の特性を変更
Vermin は 2 発撃つバースト射撃へ。MX SW へ単発射撃を実装。また MX は 100 発入り弾倉を装填可能にするなど様々な変更を行います。

このような特徴により、Arma 3 の世界観を破壊する事なく現実味を与えるという MOD です。

なおマルチプレイでも正常に動作するように、シングルやサーバーが MOD を読み込んでいるという前提の通常版と、サーバー側で読み込んでいない時にしようする Client Side Only(CSO)版が用意されています。

この MOD には ASDG ジョイント レール アドオンA3 用 Community Base Addons が必要です。

TMR Modular Realism - BI forum
TMR Modular Realism | Realism and gameplay-based modification for Arma 3

0 コメント:

コメントを投稿